HAPPY BIRTHDAY

我らが守護神土肥ちゃんが33歳になった。
それとVSセレッソ大阪戦で連続試合出場は199になった。
FC東京に来て、早7年目。常にゴールに立ち、スーパーセーブで
サポーターに歓喜を、見方を鼓舞し、年に1、2度あるチョンボでは
敵サポーターを沸かせ、味方サポーターを落胆させてきた。

7年間の迷チョンボシーンは、2001年A福岡戦のゴールキックを相手に
パスしてしまい、山下のゴール事件。
それ以後数試合、ゴールキックは伊藤哲也選手(現FC岐阜)が蹴っていた。
2004年のAWAY、J磐田戦のキャッチミスからの失点。

最大のチョンボは2004年のAWAY名古屋戦。
浅利悟選手のバックパスがイレギュラー、痛恨のキックミスで相手に
ナイスアシスト。その試合は2-0から大逆転負けの2-3。

7年の間、ゴールを明渡したのは、2000年のAWAY国立での川崎F戦で
堀池洋充氏に5分間、2001年にセレッソ大阪にJ2行きの引導を渡した
試合での小沢英明選手(現鹿島A)に5分間、計10分間のみ。
共に日本代表コーチとなった大熊さんが監督時代。

その間も2004年AWAY神戸戦でのハンドすれすれのパンチング。
2003年のAWAY東京V戦での平本をおっ倒した試合など、
レッドカードを貰ってもおかしくない場面を乗越えての200試合達成を
土曜日のS広島戦は見逃せない。
誰が花束を私に来るか?楽しみ?
200試合の時は身重の奥さんと娘さん。
連続試合記録更新の時は前出、東京ガスの堀池さん。

土曜日は花火とビールもそうだが、前半に味方がゴールを奪ったときに
見せるサポーターを煽るシーンをいっぱい見たい。
ちょっと早いがおめでとうございます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック