ファイターズ戦士その1

五十嵐信一
最後まで生き残ったV1戦士。背番号51→4→15。選手時代は控え中心の現役時代。江川卓がプロで初めて打ったのは五十嵐選手。現役生活は1000試合出場したものの、大した記録は残っていない。だが、藤田巨人が初の日本一になった時の最後のバッターになったことが一番思い出になっている。江川卓の速球にバットへし折られ、ピッチャーフライでゲームセット。その最後のバッターが五十嵐選手。これもなんたる皮肉か・・・。昨年までファイターズのコーチをしていたようだが何故か退団。退団した翌年に1位になってしまうとは何たる皮肉。バターボックスに立つ時、『しんちゃ~ん』という掛け声が今でも記憶に残っている。背番号が4から15になったのは当時、武田一浩投手との背番号をトレードしたため。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック